人気ブログランキング |

カテゴリ:漆の器( 38 )

b0250765_15015100.jpg
「踊る人」。
b0250765_15022343.jpg
お酒が入るとまたいい感じになりそう・・・。
楽しいお酒で、
思わず踊りだしたくなるかも。

ちびちび一人で一杯・・・
なんて時も、どこか陽気な気分で
楽しんでいただけましたら。

口当たりの良い、漆の酒器。
ついついお酒がすすんでしまうでしょうが・・・
くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

◆漆工房の店くぼた◆





b0250765_11530366.jpg
窪田直弘作「IROIRO箸」。
一膳8000円(税別)

四角い模様はすべて手描きで、幾重にも塗り重ねています。
同じ色でもちょっと濃淡があるのは、
実は、模様と模様の間に色のない漆(飴色)を塗り、模様を描く層を変えているため。
使い込んでいくとますます模様の奥行きを感じられるようになると思います。
その変化もお楽しみいただけましたら。

木地の素材は鉄木(てつぼく)。
形は持ちやすい八角形。

贈り物にもおすすめです。
桐箱に入れて、ギフト包装も承ります。

在庫がない場合は、ご注文をお受けして、お待たせすることもございますので、ご了承ください。

◆漆工房の店くぼた◆






b0250765_16435330.jpg
窪田直弘作 木と漆のブローチ
b0250765_16464827.jpg

ひとつひとつ手彫して、漆で仕上げたブローチです。
作りながら、即興で思い浮かんだ形に彫り上げていますので、
すべてが1点モノ。
形によっては、つける向きによって、
全く見え方が変わるのもおもしろいところです。

お好きな一点に出会っていただけたら嬉しいです。

◆漆工房の店くぼた◆




上から見るとこんな感じですが…
b0250765_17543935.jpg
横から見るとこんな感じ…
b0250765_17541472.jpg
ケヤキの木の木目を活かした仕上げです。
内側は下地を入れてしっかりと
外側は木の木目を楽しめる拭き漆仕上げ。

木の感じを楽しみたい方におすすめです。

くぼたでは、あまり数多くは作らないのですが、
出会ったときには、ぜひ手にとってご覧になってみてください。

左:朱溜木目平椀
右:黒溜木目平椀


◆漆工房の店くぼた◆







b0250765_15590359.jpeg
窪田直弘作「ほりぬりスプーン」。
木地から彫って、塗り仕上げまで、すべて一人で仕上げたスプーンです。
持ちやすさを考えてつくりました。
口当たりの優しい木のスプーンは
一度使うとやめられなくなるかも!
ひとつひとつ、すべて違う顔のスプーン。
ぜひ、手にとって、
お気に入りの「マイスプーン」
を見つけていただけましたら。

◆漆工房の店くぼた◆




b0250765_18121732.jpg
葉をイメージした彫りを施した木箱「こばこ」。
b0250765_18135499.jpg
さて何を入れましょうか・・・
お気に入りのアクセサリー入れとしても、
玄関先に置いて、鍵入れや印鑑入れとしても、
ダイニングテーブルに置いて、楊枝入れとしても、
切手入れとしても・・・

いろいろ使いみちを考えて、たのしんでいただけましたら・・・。
もちろん、何も入れずに見て愉しむのもいいですね。

ちなみに私は、蓋を置いたときの木と木が重なり合う「コトン」という音が気に入っています。
蓋を外したり置いたりしながら、木のやさしい音を楽しんでいます。


漆工房の店くぼた




来週始まる鎌倉・一翠堂での個展にむけて、盃が塗りあがりました。
ひとつひとつ違うので、お気に入りを見つけていただけましたら。
お酒が入ると…模様がいい感じに引き立つと思うのですが、いかがでしょう。
b0250765_11570009.jpg

当工房、窪田直弘がつくる木と漆のうつわ。
今回ご紹介するのは、木地づくりからすべて手がけてた取手付きカップ「滋味」。
b0250765_12224442.jpg
少し大きめのカップは、すべて手彫りで、取っ手も本体と一体形。木と漆のしっとりとした質感、口当たりのやさしさは格別です。どっしりとした見た目どおりの安定感を残しつつ、重さを感じさせないつくりは木ならでは。
自分だけの特別なカップとして、ゆっくり、じっくり楽しみ、味わっていただけたら幸いです。

◆漆工房の店くぼた◆


漆器の代表選手は「お椀」ですが、意外とご要望が多いのがカップ。
b0250765_17064291.jpg
天然木を素地として使い、下地から本漆で塗り重ねて仕上げた漆器の良さは、なんといっても手に持ったときのやさしいあたたかさ。木と漆ならではのしっとり感を肌で感じていただけるのは、手に持ち、直接口につけて使うお椀がいちばんわかりやすく伝わると思います。
ですから、はじめての漆器はやはりお椀をおすすめしていますが、お椀の次にか・・・という方におすすめしているのが、この「なみなみカップ」。
直接口につけて使う器といえば、やはりカップですからね。実はこの「なみなみカップ」、もともとはそば猪口としてつくったもの。お客様にお茶をいれてお出ししていたら、カップとして使いたいという声が多くなり、「なみなみカップ」として紹介するようになりました。

漆器の特徴は、保温性。熱いものは熱く、冷たいものは冷たく保つのには優れもの。しかも、器の外側には温度がゆっくり伝わるので、器の中の温度は熱々でも、手に持った時に「熱くて持てない」ということがありません。

手に持った時のほどよいぬくもりと、漆のしっとり感、口当たりの良さは実際に使っていただいてはじめて実感しただけると思います。

もともとはそば猪口としてつくりましたので、もちろんそば猪口としても使いやすい大きさです。
小鉢としても意外と使い勝手がよく、葉ものの胡麻和えや白和えなどを盛っていい感じです。
それから、アイスクリームやヨーグルト、あんみつなどのデザートにもおすすめ。アイスクリームはガラスの器よりも溶けにくかったです。(我が家での実験ですが…)

カップとしては、お茶やコーヒーもいいですが、お酒も美味しくいただけますよ。

どうぞ、みなさまのお好きなように、楽しくお使いいただけたら。。。嬉しく思います。

母の日、父の日の贈り物にもおすすめです。

◆漆工房の店くぼた◆

急に気温が下がり、急に秋が深まってきました。
そろそろ”お鍋”が美味しい季節ですね。
そこで、お鍋料理におすすめの漆器をご紹介します。
b0250765_1594547.jpg
木地溜平鉢 10000円(税別)
b0250765_15103428.jpg
大きさ:直径14.2cm✕高さ5.5cm(外寸)持ちやすい大きさです。

お鍋でグツグツ煮立ったお料理を取り分けるのに、とっても使いやすい「平鉢」。わざと、もとの木地をのかたちを厚めにデザインしてあるので、安定感があります。熱々のお料理を装っても、器が熱くて持てない…ということがないのが漆器の良いところ。手に持ったときにやんわりと中の熱が伝わるくらい。口にあてたときにも当たりが柔らかく、木と漆のぬくもりを感じます。
お鍋の”取り皿”におすすめの器です。
もちろん、お鍋以外でも煮物を装ったり、サラダボールにしたり、いろいろに使っていただけます。

b0250765_15231568.jpg

漆器同士なら、もちろん重ねても大丈夫。(陶磁器と重ねると傷がつく原因となりますのでお気ををつけくださいね)

我が家でも、お椀の次に登場回数が高く、大活躍しています。

お椀の次に何か・・・という方にもおすすめです。


◆漆工房の店くぼた◆