<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昨日テレビでナミビアを紹介していました。
映像で見る景色は自分が実際に滞在していた場所のはずなのに、すでに遠い場所になっていて、
なんだか不思議な感じがしたのでした。

それでもやはり、実際に訪れたことのある場所というのは特別な想いがあり、走馬灯のように様々な景色が頭の中を駆け巡り・・・。
砂漠のような景色、点在する村、ヒッチハイクで移動した一本道、子どもたちの笑顔・・・
忘れかけていた思い出の場面が途切れ途切れによみがえります。

みんなどうしているかなあ・・・
あの時4~5歳だった子どもたちはもうすっかり立派な青年になっていることでしょう。
あの時一緒に仕事した村の人たちは元気にやっているかしら・・・。

また戻ってくる!といって村を離れてからもう15年。
自分もそれだけ歳を重ねたことになるのですね。
あの時は若かった・・・
でも、15年後に振り返るときはきっと、今の年齢が「若かった」ことになるのでしょう。

またいつか・・・と思ってもなかなか実現できないことの方が多いもの。
だからこそ、今を大事に、そのときにやろうと思ったことはやっておくことが大切なのかもしれません。

ナミビアでの思い出は
私にとっていつまでも大切な宝物。
いつかまた訪ねていける日を、心のどこかでたのしみにしています。
b0250765_11485317.jpg

ふと空を見上げ、アフリカ・ナミビアで見た空を、ときどき思い出しながら・・・。


漆工房の店くぼた
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
暑中お見舞い申し上げます。


茹だるような暑さの中、涼しげなガラスの作品が届きました。
土屋章さんの作品です。
深海のような、宇宙のような景色が広がる「コモレビ」「影」「ペーパーウエイト」。
ただ、じっと、みつめていたくなる・・・
作品にすーっと引き込まれてしまいそうになります。
「コモレビ」、「影」は一輪挿しですが、オブジェとしての魅力十分です。
是非実物をご覧になって見てください。
b0250765_1723896.jpg


それから、「凸凹」(一輪挿し)、SUZIシリーズの器も入荷しました。
凸凹はガラスの透明度とかわいらしいフォルムが特徴。ネーミングも可愛いですよね!
b0250765_17272686.jpg



漆工房の店くぼた
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
月代さんの象牙の帯飾りが入荷しました。
夏だからこそ、「涼」をとるために雪輪柄ものを身につけるのはいかがでしょうか・・・と
こんな素敵な帯飾りが届いています!
浴衣姿にも・・・いいですね。
「雪輪」、「蝶」、「白アジサイ」
大人のおしゃれに、さりげなく持ちたい一品です。

b0250765_1224781.jpg

月代さんの作品がとっても素敵な本に紹介されています!
『きもの好き 永遠の「名品小物」』
家庭画法特選きものSalon編集部・編(世界文化社)

きもの好きな方にはたまらない1冊です。
私もいつか・・・と憧れている一品があれもこれも紹介されていて、見ているだけでも楽しめます。





漆工房の店くぼた
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
当工房(直悦庵漆芸工房)の作品が仕上がりました。
今回仕上がったのは定番の「黒溜平椀」「朱溜平椀」と初登場のカップ。
カップの外側は手彫りで仕上げ、内側は氷を入れたり、スプーンで混ぜたりしても傷がつきにくいよう仕上げてあります。今までの「なみなみカップ」と原型は同じですが、ちょっと雰囲気を変えて作ってみました。
熱いものでも冷たいものでも中に入れたものの温度を保つのに適している漆器。
お椀の次に何か漆器を・・・と考えている方にぜひ試していただきたいですね。

もちろんそばちょことしても使えますので、これからの季節、素麺を食べるときにも活躍しますよ。

b0250765_16271262.jpg


◆漆工房の店くぼた◆
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
昨日は暑い中、店の裏の庭掃除。
ぼさぼさになっていた木の枝を切り落とし、風通しよくなりました。
汗だくで作業していたら、指の爪くらいのちっちゃいカマキリ君に遭遇。
カメラに収めようとするのですが、小さすぎてピントを合わせるのが大変。
どうにか可愛く撮れました!
b0250765_16192549.jpg

休日のうれしい出会いでした。


◆漆工房の店くぼた◆
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
先週のお休みは長野の車山までドライブ。
青空広がると~ってもいいお天気だったので気持ちよかったです。
ニッコウキスゲの蕾がたくさんありましたので、今年はかなりきれいに咲いてくれるんじゃないかな・・・と期待しています。見頃は来週・・・?いや、再来週くらいでしょうか。
b0250765_1459316.jpg

日本一標高の高いところにある国道、麦草峠まで足を伸ばし、ぐる~っとひたすら車を走らせました。

帰りに立ち寄った佐久の佐久市立美術館。思いも寄らないところで思いも寄らない作品との出逢いがありびっくり。現在開催中の彫刻の展覧会、結構見ごたえありましたー。
往復約380kmのドライブ・・・走った!走った!






◆漆工房の店くぼた◆
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
齊藤加津代さんのカラムシ織の作品が届いています。
福島県昭和村で活動されている齊藤さん。
カラムシ織に惹かれてこの地に移住されたと聞いています。

数百年前からつづけられているカラムシの栽培。
そして、村の人たちは毎年毎年カラムシを作り続けているそうです。
苧麻(カラムシ)を育て、2m位に成長したら、1本1本手作業で茎から繊維を取り出し、家の周りでできる草木を使って染色、繊維を細く裂いて1本の糸につなげ、そしてやっと機織の作業になるそうです。
こうした気の遠くなるような工程をへてやっと1枚の布が出来上がります。

齊藤さんのカラムシ織は決して自己主張が強いわけではないのですが、静かな存在感があります。
カラムシ織の敷物は、上におくものの美しさを引き立ててくれる、そんな力を持っているような気がします。
何をおいてもケンカせず、うまく歩調を合わせてくれるのです。

いつのも花器やグラスの下にちょっと置いてみてください。
器たちが違った表情を見せてくれるはずです。

コースター、ティーマット、小銭入れ、カードケースが新しく入荷しました。
b0250765_1445616.jpg













◆漆工房の店くぼた◆
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/index.html
[PR]
宇都宮美術館で開催中の「フィンランドのくらしとデザイン展」にいってきました。
北欧の家具やキッチングッズは美しさだけでなく、使う楽しみがあり、常に気になる存在ではありましたが、
そもそもの考え方が素敵なんだな・・・とあらためて感じたのでした。
そして、気づかないうちに、いろいろと影響を受けてきたんだな・・・と実感。

フィンランド
自然に逆らわず、自然をそのまま受け入れ、自然と調和して心地よく生きる術が
大切に受け継がれて来ている国なのですね。
いつか訪れてみたい国のひとつになりました。

b0250765_14121777.jpg

展覧会も見ごたえありましたが、宇都宮美術館もとっても素敵!
散歩するだけでもいいかも。オススメです
心地よい時間を過ごせました。

★宇都宮美術館↓
http://u-moa.jp/exhibition/exhibition.html
[PR]
今日からブログはじめます。

日々おもうこと
お気に入りのこと
オススメ情報
入荷のお知らせなど
b0250765_18232529.jpg

これからも気ままに綴っていきますのでどうぞよろしくおねがいします。

★今までの「気まま日記」こちら↓
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/kimama6.html
★店のHPはこちらです↓
http://www.sunfield.ne.jp/~n2kubota/
[PR]