<   2016年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

桜の季節にピッタリな、象牙の作品が月代さんより届きました。
b0250765_162135.jpg
帯飾り「桜」
花びらがモチーフなので、季節を先取りするお着物のおしゃれでも、つぼみが膨らみ始めたころから散るまで、長く楽しんでいただけます。
b0250765_163057.jpg
帯飾り「土筆」
こちらは、まさにこれからの季節にピッタリ。勢い良く伸びる土筆の、元気の良さと可愛らしさを感じます。

b0250765_16101796.jpg
ペンダント「桜」ひとひら
b0250765_16103794.jpg
ペンダント「桜」みひら こちらはハートのようにも見えますね。
b0250765_1611163.jpg
ペンダント「桜」ごひら
桜のペンダントは、身につけるだけで春の気分になりますね。控えめな上品さが魅力。大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
b0250765_1475511.jpg
窪田直弘作「変わり塗り盃」各18000円+税

今回仕上がったのは、当工房では珍しい、艶仕上げのもの。通常の塗で仕上げた後、指で磨き上げたものです。写真ではわかりにくいですが、とろみのある透明感が漆ならではの艶加減です。

b0250765_14124129.jpg

b0250765_14131253.jpg


お花見の季節、お庭の桜を眺めながら、こんな盃でお酒を楽しませてはいかがでしょう?

ひとつひとつ表情が異なりますので、お好みの一点を見つけていただけましたら。
数量限定ですので、気になる方はお早めにどうぞ。

お電話(0284-44‐0767)またはメール(n2kubota@sunfield.ne.jp)でお問い合わせください。
◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
天衣無縫のオーガニックコットンミニタオルが入荷しました。
b0250765_14302561.jpg
一枚500円+税
お仕事の転勤や、移動でお世話になった方へのごあいさつも多くなるこの季節。「ほんの気持ちです」の贈り物におすすめです。
きれいな春色タオルは持っているだけで気持ちもウキウキしてきます。


◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
今の季節にピッタリな桜のピンブローチです。
b0250765_1342386.jpg
月代作。材質:象牙

ジャケットの襟にさりげなく、お気に入りの帽子にちょこっと…。

お花見に、このピンブローチをつけていったら、素敵!!ですね。


◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
b0250765_16203355.jpg

暮らし方を決めている基本的な約束である「日本国憲法」。
考えてみたら、部分的には学校の授業で暗記したり、何となく聞いたことがあるところもあるのですが、全文(前文と前103条)をちゃんと読んだことはありませんでした。
恥ずかしながら、この歳になって、初めて全部読みました。
読んでみてびっくり。
こんなに素晴らしいことが書いてあったのかと、あらためて気づき、憲法って私たちを守るために存在しているんだと再認識しました。

一度、ちゃんと読んでみてはいかがでしょう。とってもいいことが書いてありますので。

改正案が出ているようですが、現行の憲法について知っていないと、比較もできませんからね。


今回読んだ「日本国憲法」は小学館発行のもの。ふりがな付き、言葉の意味解説付き、写真付きで、字も大きくてとてもわかりやすいのでおすすめです。気楽に読めて、楽しめると思います。
お子さんと一緒に読んでみるのもいいかもしれませんね。
[PR]
土屋章さんのガラス作品が入荷しました!
まずは、こちらの「SUZI」シリーズの冷酒杯。透明感が抜群です。光が当たったときに映る影がとってもステキ。
b0250765_12171463.jpg
SUZI冷酒杯

こちらは、アルミ箔を張り付けて加工したという「鋁」(一輪挿し)。
b0250765_12202985.jpg

なんだか、いきものみたいですよね。置いて眺めるだけでも、不思議な存在感を感じます。


◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
b0250765_14162261.jpg

いよいよ桜の季節。

歩いているだけで、心ウキウキ、楽しい気持ちになれる、大好きな季節です。
[PR]
b0250765_1411713.jpg

この後ろ姿…かなりの迫力です!

外の塀の上をネコが通ったらしく、興奮状態でした。

◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
川口さんの新作、かわいいハムスターたちが届きました。
b0250765_13184720.jpg
手前「見つめないで」6000円+税
b0250765_1319527.jpg
左「ごろん」5500円+税 右「まどろみ」5000円+税
b0250765_13192492.jpg
左「身づくろい」5000円+税 右「うさぎ まどろみ」5000円+税

どれも、手のひらに収まるサイズです。
どなたか、かわいがってくださる方募集中です!

◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
昨日(3月10日)の毎日新聞の「余禄」で、紹介されていた坂村真民(さかむらしんみん)の詩。

「あとから来る者のために」

あとから来る者のために 
田畑を耕し 種を用意しておくのだ
山を川を海を きれいにしておくのだ
ああ あとから来る者のために 
苦労を我慢し みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとから あとから続いてくるあの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできるなにかをしてゆくのだ


5年前に起きた原発事故。
あの時の不安や恐ろしさを、あとから続いてくる人たちに残さない努力をするのが私たちの責任のはず。
この詩を心に刻んでおきたい。

そう思いながら、今日を迎えました。


◆漆工房の店くぼた◆

[PR]