<   2016年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

先週6月22日の東京新聞に載っていた意見広告が目に留まりました。
b0250765_1203445.jpg

一企業がこういう意見広告を出されたとことに驚き、感動しました。

そうです。とにかく選挙に行って投票することが大切なのです。

何をするにも、地球が壊れてしまったら…ダメなんですよね。


7月10日の選挙、お忘れなく。
当日都合が悪い方は、期日前投票もありますからね。



◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
b0250765_1146173.jpg
鑁阿寺の紫陽花が見頃です
雨に濡れる紫陽花を見ると、雨もなかないいものね・・・と感じます。

それでも、やはり空を見上げて青空が広がっていると、気持ちが晴れ晴れしますね。
b0250765_1151112.jpg

束の間の青空をたのしみました。


b0250765_11531474.jpg
またしばらく、梅雨空が続きそうです。
雨だと散歩の距離も短くなります。


◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
b0250765_1972894.jpg
群馬県立館林美術館にて。
辺り一面、あまい香りに包まれて、何の香りかしら??と思っていたら、こんなに美しく花を咲かせていました。
その可憐な姿に、思わずうっとり…しばし足を止めて眺めていました。
b0250765_19124552.jpg
蜂も甘い香りに誘われて来たようです。


自然の美しさに敵うものはありませんね。
だからこそ、昔から、美術・工芸の世界において、様々な方法で自然の美しさを表現しようとされてきたのかもしれないと、あらためて感じました。


◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
People Treeフェアトレードのオーガニックコットン。
今回は、定番のT-シャツの他に、サラッと着れる半袖ニット、ホワイトデニムが入荷しました。

ホワイトデニムは、People TreeとLEEとのコラボレーション商品。
インドの小規模農家によって栽培されたオーガニックコットンを日本で加工、縫製した本格派デニム。
形はボーイズテーパードで従来のモデルよりウエストから腰にかけて少しゆとりをもたせ、可愛く、かっこ良く着られるデザイン。People Treeのホワイトデニムは、白のボトムはちょっと不安…という方にもおすすめ。オーガニックコットンの柔らかい肌触りでありながらしっかりとした生地なので、透けることなく安心してお召いただけます。今年は是非ホワイトデニムデビューしてみてはいかがでしょう?

オーガニックコットンシャドウニットは、見た目も着心地も涼しくこれから秋まで大活躍しそうです!
b0250765_13392543.jpg
PTシャドウニットブラウン9200円+税  
PT×LEE OCホワイトデニム 14000円+税

◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
父の日のプレゼントはもうお決まりでしょうか?
ギリギリまで悩んでいる方に、おすすめです。
b0250765_1614030.jpg
江戸木箸大黒屋のお箸
左から てつぼく八角箸1800円 縞黒檀八角箸3000円 
    てつぼく五角箸3000円 縞黒檀五角箸6000円(全て税別)
毎日使うものだからこそ、使い心地のよいものをおすすめします。大黒屋さんのお箸はイチオシです。毎年決まって、このお箸を選ばれる方もいらっしゃいます。

お酒好きなお父様にはこちらもおすすめ。
b0250765_1628466.jpg
谷美由紀さんのガラスの盃5000円(税別)
器を変えるだけでいつものお酒も格別の味になるかも…!ちょっと特別感のある酒器を贈ってみてはいかがでしょう。

お父様へのプレゼントをお探しの方、まだ間に合いますよ。


◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
b0250765_13531522.jpg

一人(一匹)になってしまたゴン。
家族3人の話し相手になっています。それぞれの話を黙って聞いて、受け止めてくれているみたい。
夜は寝言が多いのですが、どんな夢を見ているのか・・・?


◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
今の季節にピッタリの帯留め「アジサイ」。月代さんより届きたてホヤホヤです!
b0250765_1318571.jpg

こちらは色とりどりの紫陽花。
b0250765_13201369.jpg
帯飾り
帯飾りは、根付としてお財布やバッグにつけて楽しむのもおすすめです。その季節にあったものをつけることで気持ちもグ~ンとアップ。さり気なく季節感を演出してみるのも素敵ですね。

b0250765_1324392.jpg
こちらは「青モミジ」。ムシムシとした暑さの中、涼しさを演出できますね。

b0250765_13252593.jpg
そして、本格的な夏がやってきたら、こんなのもおすすめ。「蚊取り豚」

月代さんによって、丁寧に生み出された象牙の作品たち。大人のおしゃれに、是非取り入れてみてはいかがでしょう。
大切な方への贈り物にも・・・。

◆漆工房の店くぼた◆
[PR]
街のあちこちで見かけるようになりました。とっても静かに、きれいに花開いています。
b0250765_17251122.jpg
なんとなくその佇まいに惹かれます。

店の中でもきれいに咲いています。
b0250765_17482429.jpg
谷美由紀さんのガラスの器
b0250765_17484622.jpg
紫陽花12000円+税


その季節の花を愛でる楽しみ…限られた時にしか見ることのできないからこその、贅沢な時間をたのしみたいですね。

◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
b0250765_1657391.jpg

新しいお椀ができました。
下地のザラザラ感を活かしてざっくりとした印象に仕上げた「砂地椀」。
傷が目立ちにくいので、気軽に漆器を使ってみたいという方におすすめです。
b0250765_16594398.jpg

左:砂地黒メシワン 10000円+税  右:砂地朱溜椀 10000円+税 

今までも、砂地で仕上げたものをご紹介してきましたが、お椀は初登場です。

同じ漆で、様々な表情を出せるのは、つくり手としても魅力を感じるところのようです。

皆さま、それぞれにお好みの塗りをみつけていただけたら嬉しいです。

今回仕上がったのは、砂地黒椀、砂地朱溜椀、砂地黒メシワン、砂地朱溜メシワン。

是非、直接手にとってご覧になってみてください。


◆漆工房の店くぼた◆

[PR]
おかげさまで、くぼたも今日で11周年。
心からありがとうございます。
店を通してたくさんの素敵な出会いに恵まれました。
お客様、作家さん、作品たち…それぞれの出会いすべてが、くぼたの「たからもの」です。
支えてくださっている皆様に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいでございます。
b0250765_14265555.jpg

何年たっても、前に進んでいる実感はないのですが、同じ位置に立ち続けられれば、それもいいのかな・・・とも思います。かなりゆっくりとですが、止まることなくひたすら走り続けられれば、それはそれで何か意味があるのではないかと信じています。
大きなことは出来ませんが、できることを、できる範囲で、出来るかぎり、心をこめてすること、それを大事にしたいと思います。

店としてまだ11年。成人するにはまだ9年。そして、成熟した大人になるにはそれからまだまだかかりそうです。
あまり先のことを見過ぎずに、目の前のことをしっかりと見つめて、一歩一歩進んでいけたら…と思います。

少しずつ、新しいことも展開できればと企み中です!
いつになるかは???
どうぞお楽しみに。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

新たな気持で12年目、スタートです!!

漆工房の店くぼた
窪田直弘・香和
[PR]